テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

本田圭佑 サッカーも人間育成もしたいなど哲学をアツく語る ワールドカップに向けた今後の抱負

   

オリンピックもワールドカップもサッカー日本代表は活躍が期待されています。
ピッチ上で活躍する姿も楽しみですが、ピッチの外で語られる言葉も非常に楽しみです。

2016年1月4日に放送された
「日本サッカー新時代 ~2018年への旅~」の内容をご紹介します。

その時々に語られるトップ選手たちの考えや言葉は私たちにも力をくれますよね。

何度も楽しめる味わいのある会話が繰り広げられました。
中山雅史さんと本田圭佑さんの対談を書いていきます。今回最終第7弾!!

スポンサードリンク
  

本田圭佑 サッカースクールというか学校法人を作りたい!

今回は第7弾となりますが、過去の記事はこちらです。

<第1弾>
日本サッカー対談 本田圭佑×中山雅史 ブラジルW杯終えてロシアW杯へ

<第2弾>
本田圭佑がハリルホジッチ体制を語る サッカーW杯最終予選に向けて

<第3弾>
本田圭佑 サッカー日本代表若手待望論 宇佐美など数名を評価

<第4弾>
中山雅史の現役復帰に驚く本田圭佑 監督思考は幼少期のエピソードから

<第5弾>
サッカー日本代表 本田圭佑が経営 SVホルンでの練習メニューやチーム方針

<第6弾>
サッカー本田 小・中・高校生を育成する組織 秋田豊をユースチームのスーパーバイザーに迎えて

さて、日本サッカーをどのように育成していくか?という観点で、本田圭佑さんが色々話しています。
試合前後には聞くことのできない話で面白い展開です。

対談に多くの時間が書けているテーマです。
聞きごたえある(読み応えある?)内容が続いています。
いよいよ、今回が最終回です。

前回までの対談内容の続きで、ユースチームを立ち上げた本田圭佑さんだが、自身の高校時代には部活動を経験。両方を知る男が考える理想のクラブ像とは??

ということで話が続きます。

本田圭佑
「え~、どっちにもいいところがあると思うんですね。人間育成みたいなのは高校にしかないものもあると思いますし。そういう意味ではいずれは自分の学校みたいなのが作れると良いと思いますけどね。」

中山雅史
「学校法人ですか?」

本田圭佑
「はい、ヒューマンアカデミーみたいなは作れればいいなと。ジャストアイデアなので、5年後『本田何もやってねーじゃないか』と言われても困るんですけど。笑
やりたいなとは思いますね。できれば自分の考えとか。

学歴って、最低学歴が必要だっていいますけど、結局何が必要かわからないんですよね。今、生きてて。とはいえ、こういう人間関係は学ばなくてはならなかったりとか、でもそういうものって、そんなに机の上で勉強しなくても学べることでもあると思うんで。

スポンサードリンク

そういう社会で生きていくための実質的なものを学べる学校があって、なおかつ、学校が終わればサッカーが学べる、ユースの部分と、人間教育の部分を強く教育できるものがあればいいと思っている。日本でどこかでやれればいいですよね。今、子供も減っているでしょう?経営的に厳しくて廃校になるような学校も多いと思うので、そこが使えたら面白いと思う。」

中山雅史
「その中で人間力を高め、サッカーの技術・戦術の理解も高めっていう。それ最高ですね。そこでできたら。」

サッカー本田圭佑の哲学はこんなところにも 次はアメリカ!?

本田圭佑
「ゴンさんもエンターテイナーなんで、人を喜ばせたいじゃないですか。僕も喜ばせたいんですね。でも、ちょっとの人を喜ばせるよりは、世界中の人を喜ばせたいいんですよ。
いま次の成り上がり計画で言えば、、、僕アメリカよく行くんですね、好きなんで。アメリカ行っても、誰も僕のことを知らないんですね。まぁ当たり前の話なんですけど。アメリカではサッカー選手の地位も低いですし。基本はノータッチなんです。まぁそれが好きで落ち着いて旅行できるので行ってるのもあるんですけど。でも一方で悔しいんです。こいつら、何で俺のこと知らねぇんだと。次の計画で言えばアメリカ中の人が本田圭佑のことを知る。」

中山雅史
「まず、ユニフォーム着ていけばいいじゃん。ACミランのユニフォーム着てさ!」

本田圭佑
「あのね~、その辺がね、僕かっこつけなんでしょうね。
あまり自分から本田圭佑知ってください。みたいに言うのは好きではないんですよね。
逃げてるのに追われるくらいが好きなんですよね。」

ワールドカップに向けた本田圭佑 今後を語る

中山雅史
「Mでしょ?」

本田圭佑
「いや、ドSです。笑」

中山雅史
「では、最後に2016年のテーマを一言お願いします!」

本田圭佑
「2016年。。。え~、緻密に、そして大胆に、勝負していきたいなと、勝負の年にしたいなと思います。」

まとめ

対談の最後は突然訪れた感じで名残惜しいまま終わってしまいました。

ですが、後半の本田圭佑さんの話す量はどんどん増えてきてとても面白い内容でした。この内容が5年後10年後に実現してしまうんでしょうね。きっと。

自分で書いて、こんなこと言うのもなんですが、何度も読み返したい内容となりました。

本田圭佑選手自身のサッカーでの活躍、そしてピッチ外での活躍を応援しています。

そして、中山雅史さんも楽しいトークをする方ですがうまく話を引き出してくださいました。ありがとうございました!

今度はゴン中山トークショーをしなきゃですね!!笑

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

 - サッカー ,