テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

本田圭佑 サッカー日本代表若手待望論 宇佐美など数名を評価

      2018/12/16

オリンピックもワールドカップもサッカー日本代表は活躍が期待されています。
ピッチ上で活躍する姿も楽しみですが、ピッチの外で語られる言葉も非常に楽しみです。

2016年1月4日に放送された
「日本サッカー新時代 ~2018年への旅~」の内容をご紹介します。

その時々に語られるトップ選手たちの考えや言葉は私たちにも力をくれますよね。

何度も楽しめる味わいのある会話が繰り広げられました。
中山雅史さんと本田圭佑さんの対談を書いていきます。第3弾!!

スポンサードリンク
  

本田圭佑の若手待望論 サッカー日本代表評価は?

今回は第3弾となりますが、過去の記事はこちらです。

<第1弾>
日本サッカー対談 本田圭佑×中山雅史 ブラジルW杯終えてロシアW杯へ

<第2弾>
本田圭佑がハリルホジッチ体制を語る サッカーW杯最終予選に向けて

続いては、ハリルジャパンの未来に向けて本田選手から若手選手への想いは無いのか?と中山雅史さんは聞いていきます。
(ちょっと煽り気味で突入していきます。笑)

中山雅史
「日本代表の若い選手に対して思うことはありますか?こんなんじゃだめだよ!とか甘いよ!とか。」

本田圭佑
「言わしたそうですね。苦笑」

日本サッカーの未来を担う逸材たちにむけて。
ロシアW杯を目指すうえで、彼らのことを本田圭佑はどう評価しているのか?
次世代への期待は?

本田圭佑
「まぁまず今の本田圭佑にできないプレーができる選手が多い。
それは評価してるし、ある意味羨ましいことでもあるし、彼らが後に日本代表を背負っていくのは当たり前の話だとは思っている。」

本田圭佑が宇佐美貴史を認める でも、まだまだとの評価でも期待

中山雅史
「宇佐美選手(23歳)についてはどうですか?ガンバ大阪で活躍し、代表にも名をつらねるようになってきました。」

本田圭佑
「もう彼の技術ってのは、彼にしか持ちあわせることができないものなんで。
それは代表でも随一。ただその活かし方が、まだあまりうまくないなというのは思ってるんですけどね。
それは多分、貴史のメンタルからくるものなのかなと。
負けず嫌いのいい部分ももってるんですよ。でももっとなんですよね。
もっとなんかこう。。。グッという、もう1コ殻を破らないとダメですね。その殻はね、うますぎるが故に破れないのか。」

スポンサードリンク

中山雅史
「そこってのはひたむきさっていうのは変ですけども、粗くても、多少汚くてもというか。」

本田圭佑
「あ、そうですね。僕はひたむきさというよりは『ずる賢さ』だと思います。汚さに近いかもしれないですね。」

中山雅史
「相手を押しのけても、勝つためにやられたらやり返し。っていうそこの強さですね?」

本田圭佑
「そうなんですよ。」

本田 日本代表のキーマンを語る 武藤 柴崎 南野 遠藤

中山雅史
「でも、2018年には宇佐美選手にキーマンになっていてもらわないと困りますよね。」

本田圭佑
「それは(宇佐美)貴史だけに限ったものではないですけどね。
武藤(23歳)もそうですし、(柴崎)岳(23歳)もそうですし、リオでプレーする選手たちもおそらく何人か入ってくるでしょうし。」

中山雅史
「リオ五輪世代の南野とか遠藤航についてはどう思ってますか?」

本田圭佑
「ポテンシャルでしかまだ判断できないですよね。結局、成り上がれる選手かどうかって、コレ決めたら世界が変わるなって言う試合で点をとるんですよね。そこで一気にのし上がるんですよね。しかもたった1試合で。それって彼らにとって、リオかもしれないし、ロシアW杯かもしれないじゃないですか。でもそこまでの作業は、拓実もザルツブルクで、遠藤もJリーグで残している。だからポテンシャルは間違いないものがあると。」

中山雅史
「可能性は広がっているし、それを掴むか掴まないかは本人次第と。」

まとめ

本田選手は、自分がナンバーワンであることを望む人物ではないようです。
時は流れ、時代が変わりゆく中で新しい才能豊かな選手が登場することを待ち望んでいます。

そして、その時々にフィットする選手が登場することを予言というか知っているんですね。今の時点で期待されている選手もそうですが、まだポテンシャルはあるけれど爆発していない才能にも期待をしているようですね。

ワクワクしてきます。

まだまだ対談は続きます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

 - スポーツ , ,