テルマエドットコム

「わが子の為に」「家族の為に」って一途な想い

Salesforceの無料トレーニングTRAILHEADをはじめるには

      2021/01/29

セールスフォースを勉強し始める必要が出てきました。
でも、私はセールスフォースのことが全くわかりません。

先輩から
・無料でセールスフォースを触ることができる環境を手に入れよ!
・トレイルヘッド(TRAILHEAD)をやったらいいよ!

と、簡潔なアドバイスを頂いたけど、
「トレイルヘッドって何?」「セールスフォースの体験版みたいなのって何?」って状態の私。

結構、始めるだけでもひと苦労したのですが、やっとできました!!
セールスフォース無知過ぎてトレイルヘッドすら始められないと悩んでいるアナタへ私の進めた内容をシェアします。

・無料でセールスフォースを体験できる「Developer Edition Lightning Platform」を手に入れました。
・「トレイルヘッド(TRAILHEAD)」をはじめました。

スポンサードリンク

SalesforceをするならブラウザはGoogle Chromeが良いみたい

Salesforceの無料トレーニングをはじめるにあたり、ブラウザはどれが良いのかな?と探したところ「Google chrome」が良いみたい。

理由の1つは、このあとに書く便利ツールとしてchromeのプラグインを使うから。

今のところブラウザはGoogle chromeを使ってSalesforceの無料トレーニングをはじめてよかったと思っています。

というわけで、Google chromeを起動しましょう。

 

Chromeのプラグイン【Force.com LOGINS】を入れよう!

Google chromeを起動したら、すぐにSalesforceやTRAILHEADを検索したくなりますがその前に!

Salesforceにログインするうえで便利ツールである「Force.com LOGINS」をChromeに追加しましょう!

SF-2
https://chrome.google.com/webstore/detail/forcecom-logins/ldjbglicecgnpkpdhpbogkednmmbebec

 

無料のSalesforce体験環境 Developer Edition を入手する方法

無料でSalesforceを体験できる自分だけの環境「Developer Edition Lightning Platform」を手に入れましょう。

1.Developer Edition ユーザ登録ページにアクセス

Developer Edition ユーザ登録ページにアクセスしましょう。

https://developer.salesforce.com/signup

 

2.登録フォームに入力

SF-3

入力必須項目はこちら
・氏名
・メール
・役割
・会社
・国
・郵便番号
・ユーザ名

補足しておきたいのは2つの項目。「メール」と「ユーザ名」です。

「メール」には、
今すぐにアクセスすることのできるEメールアドレスを入力します。
登録フォームに入力後に、メールが送られてきてアカウントを有効化する手続きが必要です。
※アカウント有効化のためのメールを受信する必要があります。

「ユーザ名」には、
Eメールアドレスのように xxxx@sample.com といった形式で入力します。
SalesforceのログインIDとして使われます。
※Eメールの送受信には使いませんので適当で良いです。
例)user1@sample.com

 

3.同意するにチェックして サインアップ をクリック

マスターサブスクリプション契約(Master Subscription Agreement)を読み、同意するにチェックをして 「サインアップ」ボタンをクリック

SF-4

スポンサードリンク

4.Developer Editionアカウントの有効化メールを開き有効化する

 

SF-1

 

まもなく、Developer Editionアカウントの有効化メールを受信しますので、Eメールをチェックします。
有効化メールの中にあるリンクをクリックします。パスワード情報を入力し、保存 をクリックします。

 

【Force.com LOGINS】の設定をしてログインを簡単に!

【Force.com LOGINS】の設定は、こんな感じでやりました。
正直、TRAILHEADを進める上で、初日はこの設定要らなかったです。
すぐに使うわけではありませんでした。ただ、設定しておくと今後楽チンになるようですのでやってしまいました。

SF-5

 

先ほど、有効化させた「ユーザ名」・「パスワード」をしっかり設定します。
※「グループ」や「組織種別」は後で変えられますし、あまり気にしなくてもいいです。

 

TRAILHEAD(トレイルヘッド)のはじめかた・ログイン方法

ここからは、先ほどまでの「Developer Edition Lightning Platform」からは離れます。
トレイルヘッド(TRAILHEAD)というトレーニング空間に行きます。

この切り替えが、無知な私にはまったくわかりませんでした。
あれ?「Developer Edition Lightning Platform」はどう使っていったらいいの?
あれれれれ?

となりました。

一度は、「Developer Edition Lightning Platform」のことは忘れて、トレイルヘッド(TRAILHEAD)のページに行きます。

トレイルヘッド(TRAILHEAD)トップページ
https://trailhead.salesforce.com/ja/home

右上のログインを押して、「Salesforceでログインする」を選び、有効化しているSalesforceの「ユーザ名」・「パスワード」を入れて、アクセスを許可します。

 

SF-6

ここまで来たら、いよいよTRAILHEADが始められます!!

私にとってはここまで来るのが長かった。
今思えば、なぜこんなに苦労したのか??

わかりませんが、やはり初めてって色々なことにつまづき困り果ててしまうものですね。挫けずスタートできてよかったです!

わからない点があれば、コメント入れてください。
ここまでなら私もお答えできると思います!!

 

TRAILHEAD(トレイルヘッド)はどの講座からはじめるの?

この講座から始めるといいと思います。
正直、トレイルとかモジュールとか最初から出てきています。
言葉の意味が分かりそうで、わからないようなモヤモヤしたスターでした。

以下のリンクをクリックすれば、スタートできます。
言葉の意味も、徐々に学べますのでとにかくやってみましょう!
そして私もだいぶわかるようになりましたよ!

<トレイル>Trailhead を使用した Salesforce の学習

SF-7

 

https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/trails/learn_salesforce_with_trailhead

楽しくがんばっていきましょう!!

スポンサードリンク

 - 子育て・教育 , ,