テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

サッカー日本代表 本田圭佑が経営 SVホルンでの練習メニューやチーム方針

   

オリンピックもワールドカップもサッカー日本代表は活躍が期待されています。
ピッチ上で活躍する姿も楽しみですが、ピッチの外で語られる言葉も非常に楽しみです。

2016年1月4日に放送された
「日本サッカー新時代 ~2018年への旅~」の内容をご紹介します。

その時々に語られるトップ選手たちの考えや言葉は私たちにも力をくれますよね。

何度も楽しめる味わいのある会話が繰り広げられました。
中山雅史さんと本田圭佑さんの対談を書いていきます。第5弾!!

スポンサードリンク
  

サッカー日本代表 本田圭佑選手がSVホルンオーナーに

今回は第5弾となりますが、過去の記事はこちらです。

<第1弾>
日本サッカー対談 本田圭佑×中山雅史 ブラジルW杯終えてロシアW杯へ

<第2弾>
本田圭佑がハリルホジッチ体制を語る サッカーW杯最終予選に向けて

<第3弾>
本田圭佑 サッカー日本代表若手待望論 宇佐美など数名を評価

<第4弾>
中山雅史の現役復帰に驚く本田圭佑 監督思考は幼少期のエピソードから

さて、話がだいぶ方向転換して、日本サッカーをどのように育成していくか?という観点で、本田圭佑さんが色々話しています。
試合前後には聞くことのできない話で面白い展開です。

中山雅史
「2015年、クラブの実質的なオーナーという形で本田選手はチームを始動させましたけども、ホルンに行ってきました。」

本田圭佑
「どうでした?」

中山雅史
「誰も居ないような。町に昼間いったらあまり歩いてないんですよ。この町からチャンピオンズリーグを目指すんだと。」

SVホルン(創設:1922年)

オーストリア・ホルン
人口6,000人小さな田舎町にあるオーストリア3部のサッカーチーム
2015年6月に本田圭佑が所属事務所を通じ経営権を取得。

日本代表の現役選手でありながらクラブチームのオーナーになるという、極めて異例なプロジェクトを始めた。

チームには2人の日本人選手が所属しています。

矢島 倫太郎選手(22歳) MF
2015年1月SVホルン加入

榊 翔太選手(22歳) FW
2015年7月SVホルン加入

本田圭佑選手が考えた練習メニューはなんと1,000!?

本田圭佑
「榊くんを初めて見た時、オーストリアリーグの1部でもガンガン点取れるポテンシャルがあるなと。
まぁ言葉の壁もあるんで、試合には出れてないんですけど、こんなとこでくすぶっているようなレベルの選手ではないんで。今後ここから大きく飛躍すると思います。」

中山雅史
「買収して半年経ちましたが、実際やってみてどうですか?」

本田圭佑
「もっといけたな、というとこですね。それは今首位走ってるんですけど、満足していない。」

スポンサードリンク

対談時点で
オーストリアリーグ3部順位表
 1位 SVホルン
 2位 ファースト・ウィーン
 3位 FCスタッドラウ

本田圭佑
「もっと自分のやりたいサッカーを浸透させたいなと。これが日本のクラブだったら簡単だと思うんですよ。相手日本人ですし。。。まず練習からよくないんですよ。100種類以上の練習が頭のなかにあるんで、そういうものを提供しながら。」

中山雅史
「それは、ノートかなんかに書き記してあるんですか?100種類!?」

本田圭佑
「100種類っていうか、もっと1,000種類くらいあるかもしれないですね」

中山雅史
「それください!笑 世に広めますよ!笑」

サッカー本田圭佑が経営するチームが目指すところ

本田圭佑
「今、5年間でSVホルンがチャンピオンズリーグに出るというプランを打ち出してますけど、その先もあるし。」

中山雅史
「5年でチャンピオンズリーグ。いけそうですか?」

本田圭佑
「いや、厳しいと思います。」

中山雅史
「ですよね。正直、見てそう感じました。」

本田圭佑
「ただ、時には厳しいと思っていることにもね、声を上げて挑戦することも必要だと思うんですね。なのでもう逃げ道はないですし、そのいける確率をね、地道な努力を続けることによってちょっとでも高めていくということが、自分の今できる作業かなと思います。」

中山雅史
「じゃあチャンピオンズリーグにもいって、本当に強いチームになったら、その先はどうなるんですか?その先のビジョンもおありだと仰ってましたが。」

本田圭佑
「SVホルンが目指すべきゴールはビッグクラブになるということではないんですね。
ビッグクラブへの橋渡しができるクラブになりたいんですね。でもその点においてはサッカー界一になりたいと思ってます。」

中山雅史
「そこから送り出す選手はピカイチの選手をホルンから送り出しますよということですね」

本田圭佑
「で、その生産率は欧州サッカー界で一番を目指したいと思っています。」

中山雅史
「そういうものが出来たならば、日本で海外志向が強い選手はホルンに来るのが一番だって思いますよね。日本でも整備しているじゃないですか。下部組織というかユースであったりジュニアユースだったり。そこで鍛えあげて、本田イズムを持った人間をホルンにっていう考えですか?」

本田圭佑
「そうですね。」

まとめ

本田圭佑選手は、日本代表の現役選手でありながらクラブチームのオーナーになるという新たな試みをしているんですね。

今後、本田選手の描く育成プランに沿った選手がSVホルンを経てビッグクラブへ移籍し、活躍する日を期待してしまいますね。

じっくり待ちましょう。

「生産率は欧州サッカー界で一番を目指したい」

っていうビジョンは新鮮なフレーズでした。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

 - サッカー ,