テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

日本サッカー対談 本田圭佑×中山雅史 ブラジルW杯終えてロシアW杯へ

      2018/12/16

サッカー日本代表はこれからオリンピックもワールドカップもきっと活躍していってくれると思います。

2016年1月4日に放送された
「日本サッカー新時代 ~2018年への旅~」の内容をご紹介します。

その時々に語られるトップ選手たちの考えや言葉は私たちにも力をくれますよね。

何度も楽しめる味わいのある会話が繰り広げられました。
中山雅史さんと本田圭佑さんの対談を書いていきます。

スポンサードリンク
  

日本サッカー対談 本田圭佑×中山雅史 オープニング

日本サッカー新時代 ~2018年への旅~ オープニング

舞台はイタリア・ミラノ。
ゴン中山こと中山雅史さんと本田圭佑さんの対談から始まります。

本田圭佑
「今、ゴンさんの記録ももうやばいんじゃないですか?」

中山雅史
「もう、追いつかれた。今」

本田圭佑
「一番点を取った年って何点取られたんですか?」

中山雅史
「36点」

本田圭佑
「うわぁ~(ほとんど声になってない)」

中山雅史
「27試合でね。」

本田圭佑
「え~(ほとんど声になってない)」

中山雅史
「4試合連続ハットトリックした年ね。」

本田圭佑
「うわ、すご」

今宵、日本サッカーをけん引する本田圭佑に、中山雅史が迫る。

日本サッカー 本田圭佑 インタビュー ブラジルW杯を終えて

2014ブラジルW杯前に本田圭佑選手は
「誰がなんと言おうと、優勝しか考えていない」と発言して試合に臨みました。

私は、そんな言葉を心強く思いながら応援しました。

しかし、厳しい現実を突きつけられました。

グループステージ敗退。

vsコートジボワール 1-2
vsギリシャ     0-0
vsコロンビア    1-4

この敗戦を受け、本田圭佑選手はどう受け止めたのか?
そんな話題に移ります。

本田圭佑
「ブラジルW杯終わった後の宿舎で、岡崎と話したのを思い出すと、"もうサッカーやめようか"みたいな話しましたね。」

中山雅史
「ショックで?」

本田圭佑
「オカがどう考えてたかわからないですけど、僕は勝てないと思うんだったらやめたほうがいいとおもってるんで。」

スポンサードリンク

中山雅史
「それをどうにかするのが本田選手では?」

本田圭佑
「そうですね。それをどうにかしようと思える範囲でやるのが僕なんですけど、どうにもできないんじゃないかと思うんだったらやめたほうが良い。今はどうにかできると思っているんで、続けてますけど。
もしこれどうにかならへんかな、とフィジカル的な面も含めて思える時が来たら、バシッと辞めたいと思います。
フィジカル的な限界は僕もオカも感じていると思います。」

日本サッカー 本田圭佑 インタビュー ロシアW杯に向けて

中山雅史
「え?まだ30歳手前じゃないんですか?」

本田圭佑
「そうです。まだ29歳なんですけど。ははは」(47歳にして現役続行の中山を前に苦笑い)

中山雅史
「全然じゃん。こっからでしょ。やっぱ疲労が抜けないとか?」

本田圭佑
「そうじゃなくて、抜ききるスピードとかね。特にスピードですね。
ちょっとでも速くなろうと、南アフリカW杯からブラジルW杯に向けて取り組んできたんですね。
で、まぁ伸びました。実際数値にも色々ちゃんと表れてます。
でもその限界はもうここにきて感じています。
これはいろんなことが影響していると思うが、スピードがコレ以上の伸び続けるとことは、論理的にはありえないなというのは感じているので。
伸ばすポイントをどこにするか、という話はよくオカと話しています。」

中山雅史
「まぁでもサッカーって、ヨーイドンじゃないじゃないですか?」

本田圭佑
「そうなんですよね。」

中山雅史
「そこですよね。」

本田圭佑
「あとは『ずる賢さ』」

本田圭佑
「とりあえず、2018年はリベンジ、自分の中で。
W杯出場して結果を残したいと思ってるので。
1試合でサッカー界は天地がひっくり返るので。それを狙っています。」

まとめ

本田圭佑×中山雅史 対談はまだまだ続きます。

お互いにリスペクトし合いながら話が進んでいるのでとても引き込まれますね。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

 - スポーツ , ,