テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

インフルエンザ検査は熱なくても実施を依頼!痛くなかったコツと所要時間

      2018/12/16

今年のインフルエンザの型は、微熱程度でもインフルエンザになるそうで。
鼻水をズルズルしたり、くしゃみをしてると「インフルエンザ」じゃないのか?
 
という、まなざしも向けられますね。
 
 
幼稚園児のママ友たちはとしては複雑で、「インフルエンザで5日間くらい休まれると困る」、「でもインフルエンザの疑いがあるけど軽度だから大丈夫だろうと少し無理して幼稚園してきて、周りの友達に蔓延させて欲しくない」
複雑ですね。
 
 
私は、とある日にサラサラ鼻水が出てきました。
その日からの数日間ですが、病院にいった内容などを書いていきます。
 

スポンサードリンク
  
 

インフルエンザの検査は熱なくてもした方が良いし、安心

ある日、急にサラサラ鼻水が出てきました。
体調不良の自覚は無いし、鼻炎かなぁくらいの感覚で過ごしていました。
翌日は起きたてに、微熱(37.9℃)+サラサラ鼻水が出ていたんですね。
 
 
ちょっと嫌な予感はしたのですが、どこか体が軽くも感じたので大丈夫な気がしていました。
 
朝はとにかく鼻水をかんでいたら、熱は36.9℃まで下がったんですよね。
 
 
その後、1時間ごとに体温を測ると37.9℃にあがったり37.3℃で停滞したりと基本微熱が続いています。
 
 
目は圧迫痛があります。(鼻水出てますので)
ほほも痛かったです。(副鼻腔炎かな?)
 
 
そんな想いを持ちつつ、昨夜に病院に行く前に買っておいた「パブロン鼻炎カプセルSα」を飲みました。
 
 


 
 
パブロンは、私には効いていたように思います。
朝の鼻水もだいぶ楽になりました。
 
 
でも結局、「これってタダの風邪」って言えるのかって不安になってきて。
 
 
家族の為にも、耳鼻科に行くことしました。
発症から、まもなく過ぎると検査結果が出ないとも聞いていたので、午後に行ってきました。
 
充分時間がかかっていると思うので。
 
 

インフルエンザ検査は痛くなかったそのコツは

 
耳鼻科は混んでますね。いつ行っても。それはホント苦痛です。
 
 
待つだけ待って診察の順番が来ました。
先生とは、症状を話しながら「いわゆる深刻なインフルエンザ患者ってわけではないね」と話していました。
 
 
ただ、インフエンザ検査どうする?
 
 
と聞いて頂いたので、検査をお願いしました。
 
 
「奥まで入れてグリグリしますのでちょっと痛いかも。」と案内されて覚悟しました。
 
 
検査の棒が相当奥まで入ってきました。
グルグルグリグリでした。
 
 
でも、痛くなかったです。
 
 
チカラを抜きました。
抵抗もせずに脱力する感じですね。
 
 
思わず、ビクビクして緊張して力を入れてしまいそうですが、そこは逆に気合い入れて力を抜きました。
 
 
そしたら、私は痛くなかったですね。
先生も上手だったと思いますし、私にはちょうど合っていたのかなと思いますがそんな感想を持っています。
 
 

スポンサードリンク

インフルエンザ検査の所要時間はあえて長くとりました

 
先生との話の中で、
「微熱でインフルエンザっぽくないけど実はインフルエンザ」というタイプの人は、
  
 
・検査棒で奥の方からグリグリ鼻水を取る ← 完了
・検査液で反応が出るまでやや時間がかかる傾向がある
 
 
とのことでした。
 
 
すぐには、陰性反応でした。
でも、まだインフルエンザではないとは判断せずそのまま放置。
 
 
その間に、ネブライザー(吸入器)をやって、更に待ちました。
 
15分は見てもらいました。
 
 
 
それでも、インフルエンザの反応はありませんでしたので、安心してスッキリインフルエンザの不安を払しょくして帰ってきました。
 
 
もしかしたら・・・という事で
タイミングによっては検査に出なかっただけで、もっとしんどくなっていくかもしれないからその時はまた来てくださいね。と言われて終わりました。
 
 
結局、その後はどんどん元気になるばかりです。
鼻水はしつこいですが、一時期のひどい時に比べたら全然楽です。
 
 
鼻かみすぎて、ティッシュが鼻に当たるだけで痛かったくらいですから。笑
 
 

まとめ

 
微熱で、ただの風邪かと思っても「インフルエンザ」という人が多い中で、私もインフルエンザの検査をしてきました。
 
 
検査も、本当はインフルエンザだったとしても、陽性反応が出ないケースに備えて、先生としっかり話をした上で、奥まで検査棒を入れてグリグリして頂きました。
 
 
痛みを軽減するのは覚悟を決めて力まないことかなと思いました。
 
 
検査結果も、すぐには出ないケースもあるらしいので15分前後は検査薬の動向を見ましたよ。
 
 
見るからにインフルエンザの人は、すぐに陽性反応が出るらしいです。
(何人か前に診察に入った人はすぐにインフルエンザって判定されてました。お大事にしてください。)
  
 
 
今年のインフルエンザに関しては検査が念入りになったり、痛かったり、時間がかかったという人もいますが、それはしっかりと検査をするための狙いがあるからかもしれません。
 
 
痛いのも時間がかかるのも嫌ですがせっかくの検査ですので、1回でしっかりやってもらえたことには感謝しています。後日また耳鼻科に行って長時間待って、インフルエンザ検査をすると思うと・・・嫌ですもんね。
 
 
何より、栄養を取って、睡眠もしっかりとって、ストレスもためないが良いらしいですよ。苦笑
 
 
というわけで、私の場合のお話でしたがインフルエンザ検査に行って、念入りに検査して結果的にインフルエンザではなくてよかったぁ~というお話でした。
 
 
この記事をご覧になっている方は、インフルエンザっぽくて苦しんでいる方や、家族がインフルエンザの疑いがあるので調べている方が多いと思いますが、何より耳鼻科での診察をおすすめします。
 
 
 
【ご参考まで別記事】
この時期インフルエンザも流行っていますが、おうちの湿度はちゃんと保ってますか?
加湿器は種類あるが赤ちゃん 子供のいる家庭ではこのハイブリッドを選ぶ

部屋着があったかの着る毛布について書きました。
寒い朝でも起きる方法見つけたよ 寒い朝でも布団から出られたあったかグッズ!

「Groonyグルーニー」が気に入ってます。
 


 
最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

 - ウイルス・感染症