テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

ウイルス性胃腸炎で苦しむ日々 便秘と思いきや腹痛や下痢が5日間続いた日の話 1日目-1

      2016/06/03

先日、ウイルス性胃腸炎になりました。
過去にも何度かウイルス性胃腸炎になってそのたび苦しんでいますが、今回は過去最高の苦しさでした。

月曜朝に体の異常に気付き、金曜日まで休むハメになりました。。。

ウイルス性胃腸炎になった人にはわかる、その時の傷み・苦しみ。
聞くところによると、人によって嘔吐がメインか下痢がメインかとか違いは様々です。

今回の自分のケースを紹介します。

スポンサードリンク
  

いつものように便秘がゆえの下痢の繰り返しかと・・・

5月のゴールデンウィークでたくさん飲み食いして、なんだか太ったような気がしてから2週間程度経過して普通の生活に心も体も戻ってきた頃。それでも、なんだかおなかの調子が悪い。元々腸内環境に問題がある私は便秘になりがちでした。今回はちょっとその程度がひどいなぁ。そろそろ便が出たらいいのに。。。なんて思って過ごしていました。

食べるけど出ない。
全部が腸で詰まってどんどんお腹を圧迫している。でも、どこかいつものことだから仕方ないかとあきらめて数日間過ごしていました。ついに、お腹がギュルギュルしてきました。

長期間、便秘になると最終的には体が悲鳴を上げる感じで、お腹を下し、すべてを出し切るとまた体が楽になる。ということがあったので、ついにその時が来た!ってちょっと嬉しかったんです。

でも、その日の朝のお腹の痛みはお決まりの下痢とは全く違いました。。。ウイルス胃腸炎の始まりを告げるものでした。

下痢が続く すぐにトイレ あぁ、気持ち悪い

その日は月曜の朝で、家を出る直前に急遽便意を感じ、遅刻ギリギリながらもトイレに駆け込みました。完全に水のような便です。

でも、まだこの時はいつもの「出し切ったら楽になる下痢」だと思って楽観していました。
熱を測りましたが、36.5度。平熱。気にしちゃいけないな。

遅刻しかけていたので、乗り物に乗るとき以外は小走りで移動となりました。なんだかフラフラして脂汗が出てくるようなちょっと体調の異状を感じていました。

会社についてからも、便意がたびたび。その都度水のような便。

スポンサードリンク

そろそろ出し切っているような感覚がありながらも全然スッキリしない。
この辺りでだんだん嫌な予感を感じていました。「なんかいつもと違うぞ」

スポーツドリンクを飲んで、水分補給をするもなんだかそれがすぐに数分後に出ていくような感覚。まだ、若干ダルいかもってくらいで業務は何とか続けられる。でも、午後からは早退させて頂くことにしました。

帰宅の道のりは、徐々にパワーダウンしていく感覚がありました。食欲はない。お腹は違和感だったり痛みを伴い続ける。体はだるい。熱っぽい。これはヤバいな。

ウイルス性胃腸炎とは知らず ただ内科・消化器科の開診待ち

帰宅後は一旦何もしたくなくって、ベッドで横になりました。でも、ゆっくりはしてられません。すぐにトイレに駆け込む。相変わらず水のような便で少し出て落ち着いてベッドに戻ると、すぐにまたトイレ。全然寝れない。。。

横になってもすぐにトイレ。この繰り返しがとにかく体力を消耗するんです。

内科か消化器科のクリニックの午後の開診までまだ2時間ある。。。苦しい。。

このころから、便の色は白濁。もう腸内に食べ物などは残っておらず、どこかの白濁の体液が無理やり出ている感じ。なんか苦い臭いがしました。とても嫌な状況です。

ちなみに、自宅に薬などはおいていません。しかも、こんな症状の時は下痢止め薬はやめた方がいいです。体が下痢をするのは何かを排泄したいという想いからですので、勝手な判断で薬を飲むのは危険です。

やっと内科か消化器科のクリニックの午後の開診時間が間近に迫ってきて、フラフラしながらも家を出ました。

この時体温は37.6度。あ、ついに熱が出た。

まとめ

便秘が続くようなお腹の不調が続く中、だんだん腹痛、そして水のような下痢が始まりしまいには白濁の水となっていきました。

熱は徐々に上がって微熱かその上くらいまで上がってきました。

ただならぬ状況を感じつつ、内科・消化器科のクリニックに行きました。

まだまだ辛い日々の入口でした。

次の記事に続きます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

 - ウイルス・病気 ,