テルマエドットコム

素早くベストな選択できる情報で、あなたに「良かった」と笑ってもらいたいから

ゾフZoff と ジンズjins の比較 PCメガネクリアレンズ値段はどう?

      2016/10/02

近所にメガネ屋さんのZoff(ゾフ)があって
買い物に行くショッピングセンターにjins(ジンズ)がある。

どっちも最近CMでよく見るんだけど
同じなのか違うのか気になるけどどうなんでしょう?

そんなあなたに、
ゾフ(Zoff)とジンズ(jins) の比較をします。
PCメガネクリアレンズでの機能差と値段差はどうなんでしょう?

スポンサードリンク
  

ゾフとジンズの比較 PCメガネの違いはある?

Zoff(ゾフ)とjins(ジンズ)の違いはどんなところにあるでしょうか?

PCメガネを選びかたは
「メガネフレームを選ぶ」→「レンズを選ぶ」です。
 
 

メガネフレーム選びには「デザイン」が重要とする方が多いと思います。
表情の印象が変わりますからね。

当然、最近のトレンドも反映し幅広い層をターゲットにフレームを揃えている
Zoff(ゾフ)とjins(ジンズ)に大きな違いはありません。

ただ、私の経験は自分にとって好みのフレームの取扱いが多かったのはjins(ジンズ)なんですけど
それぞれがちょっと惜しかった。その中で数点しかピンとこなかったZoff(ゾフ)でとても気に入った1つを見つけた。
という経験があります。数が多ければいいってわけではないってことを感じました。

友人は、私と真逆でした。フレームの好みの系統は中サイズのオーバルで同じ好みなんですが
jins(ジンズ)のそれがいいってなりましたね。

フレーム選びには、デザインのほかにも
「軽さ」「頭の締め付け」「視野の広さ」などつけてみての感覚で選ぶ要素もあります。

ぜひ、来店して自分に合ったメガネ探しをしてもらうことをおすすめします。

とはいえ、事前準備として知っておいてもらうと
あとで楽に店員さんの話が聞けたり、自分で選べると思いますので続けます。

ゾフとジンズのPCメガネを比較 クリアレンズでは

各種アンケートで出てくるのが
「PCレンズメガネに興味があるが、カラーレンズだと人の目が気になって手に取らない」
「クリアレンズのメガネでブルーライトカットがあるなら試したい」
という回答が多いのです。

この回答の多さには納得ですね。

パソコンを使うからといって、薄茶のレンズのメガネをかけるのはやはり抵抗があります。
クリアレンズの機能比較をしていきます。

Zoff(ゾフ)では、「Zoff PC Ultra(ゾフピーシーウルトラ)」という商品展開をしています。
※Zoff PC Ultraの取扱いは全てクリアレンズです。

jins(ジンズ)では、「JINS SCREEN(シンズスクリーン)」という商品展開のうち
「DAILY USE(デイリーユース)」がクリアレンズになります。

この2つを比較します。

最近のPCメガネの機能として
「UVカット(紫外線)カット」は含まれています。
「紫外線透過率0.1%以下」や「UVカット率99.9%以上」なんて表示がありますが
「Zoff PC Ultra」も「JINS SCREEN(DAILY USE)」もどちらも備わっています。

PCメガネのメイン機能としては
パソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライト(青色光)をカットすることです。
「ブルーライトカット率」という表記がありますのでそれをご確認ください。

「Zoff PC Ultra」は約50%となっています。最新主力商品なだけあって非常にカット率が高い。

「JINS SCREEN(DAILY USE)」は劣ります。13%~25%となっています。
このブルーライトカット率の幅は、レンズの屈折率と厚みによるものです。

 25%(屈折率/厚み:1.60/1.6mmの場合)
 11%(屈折率/厚み:1.67/1.6mmの場合)
 23%(屈折率/厚み:1.70/1.6mmの場合)

「ブルーライトカット率」ではゾフ(Zoff)がリードしますね。
※jins(ジンズ)の細かな情報公開の姿勢は評価できると思います。

ゾフとジンズでは値段がどのくらい変わるの?

「Zoff PC Ultra」は
フレームが5,000円~になっています。
レンズは5,000円~になっています。

視力検査の結果と、選んだメガネフレームに合うレンズがあるのであれば

スポンサードリンク

10,000円(税抜)

一方、
「JINS SCREEN(DAILY USE)」は
フレームが3,900円~になっています。
レンズは6,000円になっています。

視力検査の結果と、選んだメガネフレームに合うレンズがあるのであれば

9,900円(税抜)

最低の値段では100円の差ですね。

とはいえ、
実際問題、最低料金のメガネでは作れないんですね。私。

まずフレーム。
最低料金のグループには自分の好みが無いことがほとんど。

6,000~7,000円、場合によっては1万円前後のフレームが気に入ってしまう場合があります。
なにせ、数年間使うであろうメガネ。自分の表情の一部で相手との印象を決めます。
そんな重要性を感じてしまうと、ついついフレームのランクが上がってしまいます。笑

正直、「縁」だと思ってます。
Zoff(ゾフ)なら見つかる!
jins(ジンズ)なら見つかる!
と、いうことはないので、両方見た方が納得のメガネ選びはできると思います。

そして、レンズ。
私は近視が強いので、薄型(非球面)レンズにしたいです。

細かなレンズ選択・相談できるのはZoff(ゾフ)。
レンズは5,000円~と書きましたが
屈折率1.60だと+7,000円
屈折率1.67だと+9,000円 となります。

屈折率が上がることで、メガネのレンズは薄くなります。
視界も自然になると言われています。感覚の依る部分ですね。

jins(ジンズ)なら
「近視・乱視の強い方でも、どんな度数でも、薄型非球面レンズが追加料金0円。」がアピールポイントですね。

ここでものすごい差を感じますね。

まとめ

店舗数も多く、CMもたくさん目にする
メガネ屋のZoff(ゾフ)とjins(ジンズ)。

PCメガネ(ブルーライトカットメガネ)の機能として
ブルーライトカット率が高いのは
「Zoff(ゾフ)」の「Zoff PC Ultra」です。

ただ、ご自身の視力や乱視の有無等で
レンズを標準から薄型などに変える場合の料金でいうと
「ジンズ(jins)」の「JINS SCREEN(DAILY USE)」ですね。

フレームごとに自分の表情も変わりますし
レンズの加工の気になり方も変わりますので
ここはひとつ、今の情報を用意しつつ
それぞれのお店に行って頂くことをオススメします。

コスパを重視する私は
「ジンズ(jins)」で決めるつもりで行きましたが
結果的には「Zoff(ゾフ)」にしましたよ。

 
 
☆テルマエドットコムのPC(パソコン)メガネ/紫外線対策に関する記事☆
 
店舗数も多くて、手ごろな値段で人気のメガネ屋さんを比較しました。
社会人も愛用 ゾフ か ジンズ の PCメガネ どっちがいいか
 
透明レンズはただの安いだけの透明レンズとすごい透明レンズがあるんです!
紫外線対策 サングラスやUVカットメガネ探し 透明レンズは効果なし?
 
Zoffとjinsの人気は高いですね。では機能+値段でどんな違いがあるのでしょうか?
ゾフZoff と ジンズjins の比較 PCメガネクリアレンズ値段はどう?
 
大流行のクリアレンズの気になる効果を検証しています。
クリアレンズのサングラスの効果とは UVカットや眩しさ対策について
 
紫外線(UV)もブルーライトも目に悪影響を与えます。どんな眼鏡を選んだらよいのでしょう
UVカットとブルーライトカットの違い メガネによるカット率
 
朝の爽やかなひととき。ウォーキングの時の紫外線対策はほどほどに。
早朝のウォーキングでも紫外線対策は必要?影響を防ぐ6つのこと
 
肌に優しい日焼け止めクリーム選びのおすすめを書きました。
紫外線対策として子供に日焼け止めクリームを。嫌がることが減る方法
 
 
お読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

 - PCパソコンメガネ, 紫外線対策 , , ,